Cryptocoryne(クリプトコリネ)の紹介がメインです。その他アクアリウムに関する画像なども有ります。

Cryptocoryne cordata var. zonata

コルダータのバリエーション。環境によって葉は変化し凹凸の無いものも有る。花の特徴はケトル内壁の上部が赤紫のスポットで染まる(無論ここだけでは判断できませんが)。

  • from pembuanghulu 近郊 forestspring 2004.12
  • やや狭い開口部の仏炎苞には斑紋無し。ケトル内を覗いてみると、細かいスポットは全体に薄く入るものの、思ったよりもスポットが少なく、ほとんど無しと言ってもいいほど中途半端(画像の部分のみ)。Cryptocoryne zonata Sungai Candi sasaki I-PASC1に一番近いかと。sp. kumaiと同様にC. cordata var. zonataに近いと思われます。
2007.6.172007.6.172007.6.172007.6.17
  • from kumai 中央カリマンタン 2004.12
  • 2004年12月のDP便。葉の特徴としてはKasongan brownやsp. pembuanghuluなどと似通っており区別は付かず背も低く、凹凸の葉も出る。育成はpembuanghuluと同様にPHは低くて問題ない。kumaiは中央カリマンタンの南西に位置するパンカラブーンからほど近い場所に位置します。
2007.4.162007.4.16
  • from Kasongan brown
  • cf. cordata from Kasangan Idei B-01 brown type2003年にカソンガン産として入荷。
2005.10.12007.1.19
  • from Lundu
  • 採取時のタイプに2つ有り、葉の凹凸の有無だそうです。購入したタイプは凹凸があり艶も有ります。
2005.08.212005.08.21
  • from Kasongan green
  • 昔カソンガン産グリーンで入荷があったゾナータです。基本的に葉はグリーンなので、ブラウンタイプとは区別される。
2005.10.28

前のページへ戻る