Cryptocoryne(クリプトコリネ)の紹介がメインです。その他アクアリウムに関する画像なども有ります。

Cryptocoryne longicauda

サラワク州でも広い分布域をもち、産地によっても葉の形状の違いがみられます。ハート型の葉(心形)になりやすいのが特徴です。更にもう一つの特徴は花にあり、花序の先端部がウラシマソウのように大きく伸張します。

  • from Ense Bang
  • 2005年7月のAZUL便。ビートスワンプに自生するクリプト。国内では既に開花確認済み。最左がWild株の状態で丸葉に凹凸も激しく入り大変美しいです。
2005.07.13 2005.07.29 2005.09.052005.12.10
  • from Lachau
  • サラワク州のラチャウに自生。
2005.06.18 2005.06.18
  • from 01
  • 2004年末にTGさんで購入した株。ロカ無しの一般便ではあるものの、本種の特徴でもあるハート型の葉がよく表現されています。やや丸葉になってきているのも嬉しいです。
2004.12.16
  • from Betong
  • 2004年吉野氏採取株、こちらは銀松で購入しました。

前のページへ戻る