Cryptocoryne(クリプトコリネ)の紹介がメインです。その他アクアリウムに関する画像なども有ります。

Cryptocoryne shulzei

本種はカリマンタンなどのレコードは無く、マレー半島のみで自生が確認されています。葉は丸〜細葉で虎斑が入ります。自生地でも葉姿だけではC. griffithii などと似通っており判断するのは難しいですが、本種においてはあまり群落は作らないようです。花は黄色で開口部に紫色の斑紋が入りますが、この斑紋の量が少なかったり、外観上では全く斑紋が表れないものまで存在します。

  • from JOHOR BAHRU 2005
  • 2005年7月入荷の不明種。産地のジョホールバルとは、ジョホール州の州都でマレー半島の最南端の都市。インボイスはC. shulzeiとのこと。全く同時期にインボイスC. griffithiiでも入荷があったようですが、入荷時期や葉姿、価格面からしても恐らく同便であろうと推測されます。開花してみるとC. shulzeiとよく似たものであると判明しました。プライベート便に比べ、安値で販売されるsp物もやはり軽視出来ないと再認識させられました。
2005.11.28 2005.11.28 2005.11.28 2005.11.28
  • from JOHOR BAHRU 2007
  • こちらは2007年4月入荷のインボイスC. shulzei。買った方も多いと思いますがピクタ便です。ちゃんと本物のようです。
2007.04.30 2007.04.30 2008.08.22 2008.08.22
  • from Mersing Forest Reserve
  • この産地の他にも、別ロケーションのものが複数出回っていますが、比較的こちらを多く目にします。
2005.07.13 2006.06.18

前のページへ戻る